【古峯神社】天狗の社 前編

 

栃木県鹿沼市に鎮座する古峯神社に参拝させて頂きました。

天狗のイラスト付きの御朱印でも有名な古峯神社は天狗信仰が盛んです。

【感想】 初めて参拝させて頂いた神社さんです。

平日とのこともあり人は多くはありませんでした。

到着直後に感じたのは普通の神社と雰囲気が違うと思いました。

厳しい感じ?がしました。山の中にある神社さん独特の感じです。

風が強かったのですが天気が良く、カメラにも日差しが映る綺麗な動画が撮れました。

鳥居をくぐり拝殿へ。

右奥に大拝殿の中に入れる場所がありますのでそこから入って左側に行くと本殿と 社務所があります。

本殿内にある社務所では御守と印字での御朱印を受けられます。

さらに左奥に行くと手書きでの御朱印を受けることが出来ます。

僕が受けた時は僕以外に1名いましたが御朱印の待ち時間は30分~40分です。

これは休日に来ると何時間も掛かると思われます。

お時間があれば平日にゆっくり参拝出来るといいですね。

御朱印を受けるときに「お任せでいいですか?」と初めて聞かれました。

もちろん、お任せで!

その日によって書ける人違うようです。

ちなみに僕は烏天狗さんを書いて頂きました。

ーアクセスー 〒322-0101 栃木県鹿沼市草久3027

URL: http://www.furumine-jinjya.jp

-古峯神社HP-より

今を去る1300余年の昔、隼人というお方が京都からこの地に移り、尊(御祭神・日本武尊)の御威徳を慕いつつ、京都よりこの古峯ヶ原の淨地に遷座(創祀)申しあげたのが始まりといわれております。 その後、古峯ヶ原は、日光を開かれた勝道上人という僧侶の修行の場となり、上人は古峯の大神の御神威によって、古峯ヶ原深山巴の宿において3ヶ年の修行の後、天応2年(西暦782年)日光の男体山に初めて登頂し大日光開山の偉業を成しとげられました。 この縁起にもとづき、日光全山26院80坊の僧坊達は、勝道上人の修行にあやかって、年々古峯ヶ原(古峯神社を中心)に登山、深山巴の宿で祈願を込め修行する慣わしとなり、その修行は明治維新に至るまで、千余年の永きに亘って行なわれました。 古峯神社はこのような古峯大神のご利益の顕著を以って全国稀にみる霊地として、火伏信仰、天狗信仰などに代表する諸人の敬虔な信仰を集め、久しきにわたってその御神威を保って参りました。明治初年には太政官布告により、神仏分離が行なわれ、仏具一切を取り除き、純然たる古峯神社となり、現在にいたっております。

ABOUTこの記事をかいた人

トリー

「神社を知ろう」をコンセプトに発信するブログです。 何気なく生活をしているあなた!知らず知らずにどれがけ神社に関わっているか知っていますか?神社を知り日本をしりましょう。